あたしの中の。

江國香織を読んでもイラっとしなくなったというのは、私の中の"女子"をだいぶんと認められるようになった、ということなのだろうか?